住みやすくリフォーム

将来のためのリフォーム

リフォームで将来に備えを

今は何とも思わなくても、家のあちこちが今後住みにくさを感じるような物へと変わってきます。ちょっとした段差を乗り越えにくくなったり、異動が大変になったりという具合に、加齢とともに体の動きが制限されていくためです。そうなった時に少しでも住みやすく、自分で動けるようにしておくために、リフォームをしておきましょう。段差をなくして動きやすくする、通路の幅を広げて車いすでも移動ができるようにするといったことだけでも暮らしやすさが変わります。

↑PAGE TOP